唐津で黄金の茶室を見る

数日前、ラジオで唐津市名護屋城博物館で、27日から復元した秀吉ゆかりの黄金の

茶室を公開すると聞いて知人を誘い、30日に行きました。

 

黄金の茶室は高校生の頃、司馬遼太郎の小説、豊臣家の人々の第八話八条の宮で

読んで以来、興味がありました。後に、静岡県MOMA美術館で復元したものを

見学できる、さらに大阪城をはじめ数か所で見られる・・などは知っていながら、

機会がなく時が過ぎて行きました。

 

ラジオでは製作費5500万円?と聞いたようですが、ネットの新聞記事では

直方市の会社が3600万円で制作したなどと出ていました。

しかし、長野県の会社が公開している黄金の茶室は3億6000万円、その他黄金の

茶道具を含め、5億円とのことで、いくつかネットで調べましたが・・。

疑問、すっきりしない気持ちで博物館に入りました。結構な人出です。

 

入口横に青竹の茶室が展示されていました。イメージ復元でしょうが、

あまりに簡素、黄金の茶室との対比が面白いと誰でも思うでしょう。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220331111147j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331111224j:plain

 

黄金の茶室は二階の奥にありました。16500枚の金箔使用と説明がありました。

間近でじっくり見学でき、また長年の願望もかなって大満足です。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220331112104j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331112145j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331112242j:plain

 

その後、桜満開の名護屋城跡を散策、近くの佐賀牛200グラムという店の食事で

気のせいか少なさに笑い、波戸岬、風の見える丘公園、七ツ釜などを歩き回り、

最後は鏡山から虹の松原を見下ろして帰りました。

曇りで海の色は残念でしたが、どこの桜も満開で楽しい一日でした。13200歩。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220331114437j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114521j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114604j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114638j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114730j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114750j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114807j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114832j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220331114849j:plain

 

緋寒桜並木

下関市の歌野川ダムに緋寒桜並木があります。

昨年の3月26日に行きましたが、ソメイヨシノはほぼ満開でしたが緋寒桜は

終わっていました。今年は昨年よりも桜が遅いので25日に行って正解でした。

 

最初に火の山のトルコチューリップ園に行きましたが、桜は一部咲くらいで、

チューリップは白だけがほぼ満開でした。昨年は次に深坂自然の森の満開の

桜を満喫しましたが、今回はまだまだだと思うのでまっすぐに歌野川ダムへ・・。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220326211828j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220326211905j:plain

 

途中、ハクモクレンがきれいに咲いている光景も度々楽しめました。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220326212142j:plain

 

さて緋寒桜ですが、20から30本くらいでしょうか。私の知る限り北九州では

並木はないと思います。車を何度か停めて鑑賞しました。よしよしです。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220326212422j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220326212502j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220326212555j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220326212706j:plain

 

昨年同様にリフレッシュパーク豊浦で菜の花を堪能しようかと思いましたが、道の駅

きくがわ横に菜の花畑があったので、「ここでいいや・・」と簡単に断念しました。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220326213050j:plain

梅も満開

3月8日は梅の花も堪能しました。

まず、小倉南区の総合農事センターに行きました。

和風庭園を取り巻くしだれ梅は満開を過ぎた感じでした。

奥に進んで梅林を見れば、ほぼ満開で白梅の香りも結構でした。

多くの種類の椿も楽しめました。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220310192154j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310192253j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310192332j:plain

 

次に豊前の静豊園で河津桜を鑑賞、天地山公園を散策して、それから築上町

綱敷天満宮で、また梅の花鑑賞です。梅の木は1000本あるとのことで、

ここも多くの人出、参詣者でにぎわっていました。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220310192926j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310193002j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310193037j:plain

 

静豊園の河津桜

北九州市に居住して多くの河津桜を見るならば、豊前市の静豊園が一番でしょう。

私有地ですが無料でこの時期に公開しています。看板にはみかん購入者には

無料公開と書かれていますが。

10号線から少し入って行くと、途中に河津桜の並木がいくつかあります。

これだけでも十分ですが、せっかくですから駐車場から園内に進みます。

3月8日のお昼ですが、大変な混雑でした。

 

園内には桜並木はありませんが、満開に近い多くの河津桜がありました。

またフサアカシアミモザ)も多くあり黄色と桜の桃色の対比も結構です。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220310062818j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310062841j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310062908j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220310062944j:plain

 

今日は求菩堤そばを食べようと意気込んでいましたが、リーフレットに記載された

いくつかの店は火曜日が定休日とのことで、 道の駅 豊前おこしかけのある

店で食べて満足しました。静豊園で見かけた方が二三組おられました。

まだ食べていませんが、購入したみかんのスイートスプリングはおいしかった

そうです。

まだ椿には早いかな?

大分農業文化公園の椿まつりが、2月19日から始まったので24日に

行きました。広大な屋外のつばき園と、屋内つばき園がありますが、

屋外はまだまだで、もう少し暖かくなってから・・と軽い後悔でした。

屋内は見ごろもたくさんありましたが、まだつぼみの木も多かったです。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220225210313j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220225210648j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220225210725j:plain

 

近くの仙の岩を見に行く途中にすっぽんうどんを里の駅 小の岩の庄で食べました。

950円でスッポンの肉も結構でしたが、ダシも何とも言えない味でした。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220225211338j:plain

 

仙の岩は何度か見たことはありますが、上に展望地があり車で行かれるというので

目印のお寺を目指して行きました。駐車場のすぐ手前に看板がありましたが、

最初気が付かず、お寺の方まで歩いて何度も違う道を登ってしまいました。

展望地からは雪を頂いた由布岳が正面に見えて、なかなかの光景でした。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220225212207j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220225212235j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220225212318j:plain

f:id:zayouhyokujyou:20220225212349j:plain

 

満足して戻る途中に近くの深見五重塔にも寄りました。美しい塔でした。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220225212536j:plain

 

苅田町内尾薬師など

知人が最近テレビで見た苅田内尾薬師に興味があるというので行ってみました。

殿川ダムの横の相円寺というお寺の階段を登ると奇観が・・・とのことです。

急な階段を登ると、お寺の僧院があり、八大龍王を祭った洞窟がありました。

さらに登るとなるほど奇観です。少し前に見た耶馬渓羅漢寺、あるいは

広島県の帝釈峡を思い出させる簡単に言えば自然のトンネルです。

このトンネル内にお堂があり通称内尾薬師様が安置されていました。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220115075946j:plain

殿川ダムの先、上を見れば目的の洞窟が見えます。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220115080050j:plain

洞窟内のお堂で参観できました

 

f:id:zayouhyokujyou:20220115080147j:plain

入口。左手に薬師様のお堂

f:id:zayouhyokujyou:20220115080236j:plain

反対から。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220115080311j:plain

結構急な階段を下る。タイのクラビのタイガーケイブ寺院を思い出しました。

 

下って殿川ダムを右手に車で進むと、宇部興産?の採石場が見えました。

 

f:id:zayouhyokujyou:20220115080638j:plain

 

京都トンネルを過ぎると山口ダムが。看板に等覚寺(とかくじ)とあり、2.5キロ

くらいなので急坂を進みました。昭和池から平尾台に何度か登っていますが、

以前から、 →等覚寺 の標識が気になってどんな寺か見てみたかったのです。

結論を言えば、等覚寺は地名でしたが、棚田、白山多賀神社、結構な眺望・・と

来てよかったと思いました。