11月12日。九重“夢”大吊橋

その609

手元の観光ガイドによれば、九重の大吊橋が、全長390m、高さ173mで、日本一の歩行者専用吊橋とのこと。

紅葉の時期である現在は混雑は当然なので、10時過ぎにメインでない反対側の駐車場に到着しました。

500円支払って橋を渡りますが、要するに眺望と、ゆらゆら揺れる感覚を味わう料金?でしょうか。


イメージ 1
      メインの入り口、駐車場の反対から進みます。風が吹けば結構揺れると思います。

イメージ 2
      混雑すれば立ち止まれませんが歩きながら170m下の川が見られます。

イメージ 3
      南側に二つの滝が見られます。

イメージ 4
      北側の眺め

イメージ 5
      完成して11年。施工費の19億円は十分に回収したでしょう。高さの比較にピラミッドやゴジラが。


メインの入り口には観光バスが8台とまっていました。 どの店も大勢のお客さんでにぎわっていました。

中国語、韓国語も聞こえますが、西洋人は見かけませんでした。 日曜日ですから日本人が多いのです。




イメージ 6
      この付近の紅葉はベストでしょうか?

イメージ 7
      抹茶ミックスのソフトクリームはなかなか美味しかったです。 車、バスがどんどん来ていました。


橋を往復して、それから筌ノ口温泉に浸かって、長者原の湿原を散策しました。